新築の建て売り住宅を買うにあたって

公開日時 登録者 smileface

新築住宅を買うにあたって、日当たりと風通しの良さを重要視しました。
冬は日当たりが良いと暖かいですし、夏は風通しが良いと涼しいですし、何より屋内がじめじめして傷むことを防げます。そこで重要になるのが隣家との間隔です。
隣家がすぐ近くに密集していると特に1階部分の日当たりと風通しが悪くなりがちなので、隣家とある程度の間隔が空いている物件を最低条件にしていました。

インターネットや不動産屋さんで間取りや写真を見ているだけでは実際の日当たりや風通しなどは分からないので、間取りを見て少しでも気になる物件があったらどんどん内覧に行くようにしていました。
間実際に見に行ってみると、取りや家自体は素晴らしくても崖の下に建っていたり隣家との間隔が狭すぎたりすることが以外に多くありました。
また、内覧に行くことで実際に窓からの日の入り方や風の通り方を見て触れて感じることもできて、自分たちが住む姿を想像しながら吟味することができました。

たとえばお仕事をされている方はなかなか物件を探したり内覧に行ったりする時間が取れないかもしれません。
私たち夫婦も共に働いていたので、内覧は休日にしか予定を組めませんでした。
でも家は一生モノの買い物です。一時の苦労を惜しまず、是非時間を割いて多くの物件の内覧へ行ってご自身のライフスタイルに合った物件を見つけていただけたらと思います。