自分の望んだ条件の家を購入すること

家を購入する際ですが、まず重要視するポイントとして、1つ目は、都内で駅近な物件であることでした。
アクセスが良いと何かと便利ですし、将来売る時に地価下がりにくいと思ったからです。
次に、地盤の硬さや標高です。地震や集中豪雨などによる自然災害のリスクをできるだけ軽減したかったからです。
最後に広さです。生活するにはなるべく広い方が良いですから。これらの3つの条件をバランスよく満たした物件を購入しました。

まず、自分が住みたかったエリアに近い不動産に行き、駅近のマンションと一軒家をいくつか紹介してもらいました。別の不動産にも同じ条件で探してもらいました。
不動産は一期一会らしく、いいと思える物件に出会うため、できるだけ多くの物件を内覧しました。
そして候補となる物件をみつけたら、インターネットで政府や自治体が公開している地盤や標高に関する情報を確認しました。
駅近で、地盤が弱くなく標高もある程度ある物件が絞れたのですが、広さを求めるとマンションは高かったので、いわゆる狭小住宅と呼ばれる一軒家を購入しました。

不動産に関しては、掘り出し物という物件はありません。価格が高いもの、安いものに理由があります。
支払えるお金が沢山あれば問題ないですが、そうでなければ優先順位をつけて、何かを妥協する必要があると思います。
私は一軒家ですが、駐車場なしの物件を選択することで、自分の望んだ条件の家を購入することができました。

PR:生命保険の口コミ.COM,クレジットカードの即日発行じゃけん,マッサージのリアル口コミ.com,英語上達の秘訣,超SEO対策,JALカード, 相互リンク募集,副業ランキング,登録無料の相互リンク集でSEO対策,検索エンジンCKE